新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

お仕事のご依頼・ご相談、取材オファーはメールにお願いします。nittaqbranchあっとgmail.com 
※あっとを@に変えてお送りください。メディア実績&講演実績一覧はこちら
2017年8月28日、3冊目の著書「朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース -」(宇佐美典也さんとの共著、ワニブックス)が発売。

【主なメディア実績】
(2016.5〜)TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」コメンテイター
(2016.4.25)TOKYO FM 「TIME LINE」にゲスト出演
(2015.8.4)フジテレビ系「みんなのニュース」"ふかぼり"コーナー出演
(2014.11)東洋経済オンラインで「地方議員のリアル」連載
【主な講演実績】
(2017.11.7)玉川大学ゲスト講義
(2016.12.7)駒澤大学法学部政治学科ゲスト登壇
(2015.3.26)岐阜信用金庫様プレスリリースセミナー
(2014.9.16)青梅商工会議所様プレスリリースセミナー
(2014.7.22)西武信用金庫様本店プレスリリースセミナー

メディア実績&講演実績一覧はこちら

昨秋の衆院選当時にも話題だったように、世代別の政党支持率を探った世論調査での10〜30代の自民党支持率の堅調さが指摘されている。今年に入っても、沖縄県名護市長選で、地元テレビ局の出口調査で50代以下が与党推薦の新人候補者支持、60代以上の高齢者は左派勢力側の現職支持とくっきり分かれたことが注目された。
続きを読む



安倍政権の電波制度改革に対する姿勢は、予想以上に本気モードのようだ。(写真は首相官邸サイトより)

通常国会の施政方針演説では、史上初めて電波改革が盛り込まれた。「生産性革命」で行政の生産性向上を訴えた中で、このように明記された(太字は筆者)。

続きを読む

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

アゴラでトランプ大統領誕生を予測して的中させた渡瀬裕哉さんが、元日に新メディア「UrbanFolks」を立ち上げられ、早速寄稿させていただきました。

「アゴラの競合登場!“小さな政府×保守”の本格メディア誕生を歓迎する」

渡瀬さん、ローンチおめでとうございます。日本ではマイノリティーなマーケットですが、一緒に盛り上げていきましょう!

↑このページのトップヘ