新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

お仕事のご依頼・ご相談、取材オファーはメールにお願いします。nittaqbranchあっとgmail.com 
※あっとを@に変えてお送りください。メディア実績&講演実績一覧はこちら
12月8日、2冊目の著書「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗」 (ワニブックスPLUS新書)

【主なメディア実績】
(2016.5〜)TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」コメンテイター
(2016.4.25)TOKYO FM 「TIME LINE」にゲスト出演
(2015.8.4)フジテレビ系「みんなのニュース」"ふかぼり"コーナー出演
(2014.11)東洋経済オンラインで「地方議員のリアル」連載
【主な講演実績】
(2016.12.7)駒澤大学法学部政治学科ゲスト登壇
(2015.3.26)岐阜信用金庫様プレスリリースセミナー
(2014.9.16)青梅商工会議所様プレスリリースセミナー
(2014.7.22)西武信用金庫様本店プレスリリースセミナー
(2014.4.9)朝日新聞社様記者勉強会でネット選挙セミナー

メディア実績&講演実績一覧はこちら

天皇 皇太子

宮内庁サイトより

退位後の呼称を巡って毎日と日経がガチンコ勝負

天皇陛下の退位を巡っての「情報戦」が熾烈を極めている。おとといは退位後の陛下の称号を巡って、毎日新聞が「上皇使わず」「前天皇など検討」で記事を掲載したかと思えば、同じ日の朝刊で日経新聞は「退位後『上皇に』」とする特ダネを打ち込んできた。

続きを読む


おんな城主 直虎

あけましておめでとうございます。
さて、年も明け、ようやく「真田ロス」が癒えてきたところで、新しい大河ドラマ「おんな城主  直虎」がいよいよ始まる。しかし、主人公の知名度は低い。過去の大河でも一昨年の「花燃ゆ」を始め、題材がマイナーだと視聴率が振るわないことも多く、そのあたりの懸念もささやかれている。しかも最近になって主人公の直虎が「実は男だった」騒動まで勃発した。

続きを読む






超おどろいたことに、政界のネット発信で、飛ぶ鳥を落とす勢いのお二人に拙著の書評をいただきました!


続きを読む

↑このページのトップヘ