新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2013年04月

あすの「朝まで生テレビ!」のテーマは「激論!ネット世代が日本を変える?!」らしい。出演者の「目玉」は仮出所間もないホリエモンとNHKを脱藩した堀潤さんだろう。堀さんの古巣の深夜ニュースで最近までネットナビゲーターを務めていた津田さん古市さんなどお馴染みの面々も登場する。あれ?飯田さん、明大に移ったのか。おや、「はあちゅう」のところの美魔女社長もいるぞ(苦笑)

続きを読む

ライフネットの岩瀬さんのブログが面白いですね。
新社会人向けに書いたエントリーが好評で調子…いや、勢いに乗ったようで、3月末から半月ばかりで8本と怒涛のエントリー。そのどれもが面白い。皮切りになった「新社会人の君へ」ではバツイチの過去までカミングアウトする出血サービスぶりだ。続きを読む

「春の嵐」が到来。皆様、ご無事だったでしょうか?
疾風怒涛といえば、新社会人の皆さんにとって先週は初めてのお仕事ウィークで無我夢中だったはず。ライフネットの岩瀬さんが書いているように、今はがむしゃらに目の前の仕事をこなす基礎修養の期間だ。私も新人記者時代、記事の書き方以前に電話の取り方、受け答え方から学びましたからね。マナー研修とかも今しか出来ないのでおざなりにしない方がいいです。今回のお話はどちらかというと、ステップアップしたい20代後半~アラサー向けかも。ただ、一年目の方でも社会人として競争社会に飛び込んだ以上は、自分の身の立て方を考えなければいけないので参考にしていただければ。続きを読む

↑このページのトップヘ