1カ月もブログを書かなかったのは久々。本業が怒涛の日々で時間が取れずじまいでした(汗)

さて、今更ながらハフィントンポスト日本版のお話。スタート段階での論評は出尽くした感はあったが、出資元である朝日の複数の関係者から「松浦編集長にズバッと言ってやれ」とご要望もあったので(笑)、書くことにした。しかし社外だけでなく身内の評判が芳しくないのは気の毒だな。ま、私のような三文ブロガーは未来永劫ハフポにお呼びがかかることもないので思いっきり遠吠えをしよう。わおーん。続きを読む