新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2013年09月

いままで契約上の関係で、1年近く黙っておりましたが、この度、株式会社MS JAPAN様が運営する会計士・税理士向けの転職サイト「カイケイネット」および弁護士向けの転職サイト「リーガルネット」のコラムで私の署名を掲載し始めました。解禁第1号の記事はこちら→ http://www.kaikeinet.com/topics/20130913-3872.html
続きを読む

今朝、郵便受けに行ってみると、日経が入っていない!
あっ、そうか。今日は新聞休刊日だったのか……。いや、待てよ。東京五輪決定の大ニュースのあった翌日に朝刊が無いだとー!?……というのは、半分冗談で休刊日であることは、前日までにFacebookで誰かが書いていたので知ってたよ。しかし、この歴史的な大ニュースの日に号外を配って終わりというのは、さすがにマズイんじゃないか?そもそも新聞休刊日とは何なのか?デジタル大辞泉の定義ではこうある。続きを読む

やったぜ、東京オリンピック・パラリンピック招致!
安倍さん…いや日本という国は、まだ持っていましたね。筆者は駒沢体育館のパブリックビューイングで歓喜の瞬間を迎えることが出来た。え?諦めていたんじゃないかって?はい。昨日はたじろいで、すいませんでした。続きを読む

うわーん、もう東京五輪ダメみたい(涙)。ぶっちゃけ9割方、諦めモードです。畏れ多くも、皇族から、高円宮妃久子様を担ぎ出して失敗なら戦前なら切腹ものだぜ、この野郎!しかも、面白いものでここ数日、Facebookを見ていたら、この期に及んで五輪反対派がうじゃうじゃ出てきたので余計に腹も立つ。半日早いけど、五輪招致をしくじったら誰が戦犯なのか、みんなで今後総括して追及すべきだと思います。続きを読む

鈴木寛さんが本日(4日)、東京五輪招致委のメンバーとしてブエノスアイレスへ向かった。「永田町枠」からの参加者では、英語力と国際スポーツ界の人脈を見込まれての帯同であり、IOC委員への最後の働きかけに期待している。議員バッジを付けさせて大舞台に向かわせてあげられなかったことが、選挙時の広報スタッフとして改めて痛恨の思いだ。しかし、今回の五輪招致は日本にとって夏季五輪を開催する最後のチャンスだろう。先生のご健闘と招致実現を心より祈っています。続きを読む

↑このページのトップヘ