新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2013年10月

【謹告】一応、経済誌デビューしました。
本日発売のプレジデント、ネット炎上をテーマに徳力基彦さんにインタビューさせていただいた記事が掲載されております。
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2013/20131118/

徳力さんといえば、「やまもといちろうVSイケダハヤト」の司会でお馴染みです。今回のメイン特集は「謝り方のお手本」。NHKクローズアップ現代を始め、この切り口の特集が目立ちますね。広報担当者は危機管理の勉強のためにも必読です。

それで徳力さんには昨今話題のネット炎上の視点からお話いただきました。なぜ若者はツイッターにバカな行為を投稿してしまうのか、企業はどう向き合うべきなのか――語り口も魅力的で引き込まれ、大変勉強になりました。

今回は、せっかくのお話もなかなか要領を得た構成が出来ず、編集者にはご迷惑かけ通しでした。もしかしたら「最初で最後の雑誌のお仕事」になって、ウェブの世界でまた溺れ続ける日々が続くかもしれません(泣)ぜひご一読ください(買ってね~笑)。

おととい、いが…もとい、ちきりん氏にツイッターでちょっと絡んでみたら珍しく相手をしてもらった。ところが彼女の返答ツイートが波紋を広げてしまい、結果的に3ケタに達するRTに。フォロワー数も大してない、か弱い小市民に過ぎない筆者は怒涛の反響に成す術もなく、彼女の影響力に怯えるしかなかった。
 
続きを読む

ロッテの元番記者兼現役ファンとしては言及するべきか迷っていたけど、野球ファンやスポーツ紙をお騒がせした神戸拓光選手の「ツイッター暴言」問題が昨日、一応の決着を見た。事の発端は、三鷹で殺害された女子高生を中傷したと取られかねないツイートをしたという話で、球団の調査結果では、投稿したのは管理人だったという。それもまた「責任を管理人に押し付けたのか」とネット上の炎上を誘ってしまう展開になってしまったが、いろいろ感じたことがあったので、この際、書いておきます。
 
続きを読む

先週金曜夜、アゴラ・BLOGOSでおなじみの“うさみのりや”君の誕生日祝いに行ってきた。会では、以前拙稿でも紹介した地方議員きってのブロガー、おときた駿都議、維新の会から政界入りを目指す海老澤由紀さんにも初めてお会いし、懇談させてもらった。会の主役である、うさみんは最近、政治家を目指す意向を正式に表明したが、元経産官僚(うさみん)、元外資系ブランド企業(おときた君)、元プロスノーボーダーにして元美魔女ファイナリスト(ゆきりん)――皆さん錚々たるご経歴だ。選挙活動なんて泥まみれの洗礼を浴びる覚悟をしてでも、社会的地位、安定的な収入を投げ打って挑戦する。ロスジェネ世代以下の若い有為な人材が、自分なりに日本の行く末に危機感を抱き、政界を目指す志の高さに感銘を受けた。
 
続きを読む

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は、セ・パともに3位チームが突破する“番狂わせ”で滑り出した。パのロッテは2010年に史上初めて3位から頂点に立った下克上日本一の元祖。当時の担当記者として改めてチームに息づく短期決戦巧者ぶりを見せつけられた思いだった。ただ世間の注目はセの広島の方に集まっているみたいですね。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ