新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2014年06月

どうも新田です。インターネッ党の今後について、LINEで家入さんに業務連絡をしても「未読スルー」されたままで“頭痛が痛い”今日この頃です。ところで、元文部科学副大臣の「すずかん」こと、鈴木寛さん(東大・慶大教授)がダイヤモンドオンラインの連載で、とても刺激的な問題提起をしております。続きを読む

どうも新田です。都知事選で私自身も、クラウドファンディング(CF)を身近に感じたわけではありますが、その後、私なりに研究するうちに感じたのがプロジェクトの魅力をどう伝えていくのかという課題です。そんな中、「その手があったのね」と灯台下暗しで膝を叩いたのがこのニュースでした。続きを読む

都議会セクハラ野次問題の裏では、黒田官兵衛も真っ青な権謀術数が渦巻いているとの情報が与野党のあちこちから漏れてくる今日この頃です。あー、やだやだ。人間の性というのは四百年経ってもあまり進化しませんね。
 
続きを読む

いやー、きのうのネット界隈は、なかなか荒れましたね。
ミクシィ朝倉さんがお人よしぶりを日経BP記者に付け込まれて記事にされたのを憤慨したかと思いきや、今度はLINEが韓国の諜報活動でシギントされていたんじゃないかという報道に、いつも眠そうな顔した森川さんが珍しく色をなして反論。そして、こちらは、LINE社内の機関決定前のお話もついつい呟いてしまうサマンサタバタさんのツイッターまでが、得意の注釈を一切付け加えずに淡々と引用に徹しているあたり、ここ数日のID乗っ取り事案騒ぎも加わって、会社全体が超センシティブになっているなー、と。で、こんなこと書いたらBLOGOS転載してくれないだろうな、ま、アゴラに書いたからもういいや、と思いつつ(笑)、挙句の果ては、自称地方議員ナンバーワン、ブロガーのおときた君が放った都議会のセクハラ野次告発の火が深夜のネット燎原に放たれ、彼のブログは4時間ほどでツイートが3,000を超えて、どんどん広がっております。続きを読む

↑このページのトップヘ