新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2015年05月

どうも新田です。お洒落な安藤ミッフィーとは対極的に野暮で下世話な私ですが、六本木のアカデミーヒルズで時折、意識と景色の高いノマドやっております。そういうわけで私も仕事場の一つとして利用しているわけですが、小笠原沖の地震の折は自宅におりまして、エレベーター停止やらの災難は免れました。ただですね、東日本大震災も経験し、その当時もエレベーター問題があったわけですが、ネット上では、森ビルの広報対応の初動の遅さに不満が続出しているのをみると、私もアカデミーヒルズ会員としては不安になるわけですよ。
 
続きを読む

どうも新田です。何度もいいますが私は政治ライターではなく、本業は企業PRやメディア戦略のアドバイザーです。そういうわけで久々の企業イベントネタですが、本日はエグゼクティブ転職サイト「ビズリーチ」でおなじみの株式会社ビズリーチさんの新サービス発表記者会見に行ってまいりました。野球記者時代からの飲み友達である同社社長の南壮一郎さんが起業された当時から存じ上げてはおりますが、「社運をかけた新事業なのでぜひ」とお招きを受けたのですが、初めてのことで「余程のことだろうな」とピンときた次第でした。

続きを読む

どうも新田です。野球記者時代、東京六大学野球を担当したことがありますが、東大戦を真面目に見たことはなく、ネット裏のプロ球団スカウトからドラフト情報収集したりとか記者席でほかの記事を書いたりとかして過ごした不届き者です。ところで昨日は、東大がリーグ歴代最悪の連敗を「94」で止めたわけですが、東大卒業生の方のSNSの反応から、六大学野球や東大野球部のブランドについて考えてみました。
 
続きを読む

どうも新田です。きのう、選りに選ってですが、某立ち回り先で中嶋さんに遭遇いたしまして(ホント偶然、爆笑)、運命の悪戯を体感したこの頃です。まあ、ご本人からは「別に喧嘩を売って書いたわけじゃない」とお話がありましたし、見解やら視点の相違に過ぎないわけなんで努めて普通に振舞っておりました。続きを読む

どうも新田です。「老害」の二文字に流行語大賞をあげたいこの頃です。大阪の住民投票はご承知の通りの結果になったわけですが、橋下さんが記者会見で「日本の民主主義がレベルアップした」と語った通り、半世紀に一度あるかないかの大型選挙、大阪市民はもちろんのこと、日本の国民も真剣に考える機会になったと思います。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ