新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2015年11月

どうも新田です。わーい、ついに拙著のアマゾンにレビュー、それも分かりやすい敵意丸出しで書いていただきました。文面から某選挙の某陣営の内情に詳しい方のようで、大嫌いな私のためにお金を払っていただき、さらにブログの話題も提供いただき、ありがとうございました。本を持って来れば御礼にサインして差し上げますよー。ところで、早いものであすから師走。そういうわけで、毎年恒例の流行語大賞の発表が近づいてまいりました。続きを読む

どうも新田です。きのうAirbnbが南青山の小洒落たギャラリーで大々的に記者会見を開きまして、自社の民泊サービスが日本に与える経済波及効果の調査結果なるものを発表したので行ってまいりました。まあ、旬なシェアエコノミーネタであり、政府が「民泊」をどこまで解禁するのかどうか、経済メディアなら垂涎の話題性満載ということで、国内外の主要メディアは恐らく全て参集。会見場は一躍ホットスポットになったわけであります。続きを読む

どうも新田です。「スペクター」と聞いてテロ組織を思い浮かべるのは007のファンであり、下らないダジャレを飛ばす外タレを思い浮かべる人はワイドショー好きであり、「スペクター参上!」と落書きを思い浮かべる方は十中八九、ヤンキーの多い地域の出です。
 
続きを読む

どうも新田です。本日は大阪ダブル選挙の日でございますが、投票箱を開けたら、びっくりポンな結果になるんでしょうか。ちゃんと投票には行きましょう。先日、アゴラでも掲載されていたノーブル内藤先生の記事によれば、大阪の地盤沈下が不動産価格でも顕著なようでして、大阪が「商都」という称号を得ていたのが昔日の感がする状況も争点と言えそうです。続きを読む

どうも新田です。すみません、初めての拙著の発売が近づき、売れるか売れないか、その重圧に怯えながらタイトルにさりげなく売れ線のトラップを潜り込ませているこの頃です。佐々木俊尚に煽られて「これからはネットの時代だ」と新聞社を辞めたはいいものの、ネット選挙で痛い目に会ってきた私だからこそ、ネット投票について体験的に少し語らせてもらいます。というのも、まあ先日、アゴラで山田肇先生が報告されていた勉強会に私も実は参加しておりました。記事では触れておりませんが、私が想定していたよりも意外に早くネット投票が実現するシナリオもチラホラと見え始めているとのことで、あさちゃんならずとも、びっくりポンです。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ