新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2016年01月

どうも新田です。世界で一つだけの、国政政党で直接民主制を目指した元気会が政党要件を失って、SMAP解散の裏で離党の動きも相次いでいるのが残念であります。さて、SMAPの一件は、我が家で購読中の日経の社会面にすら載っていて、朝日に至っては購読してないけど、本記が1面掲載、社会面でも関連記事がトップだったと伝聞するや(紙面構成みると、ホントだ…爆笑)、起き抜けに青いイナズマで脳天を貫かれたような笑撃なんですが、1点だけ追記したく。続きを読む

smap
▲20周年を迎えた「SMAP×SMAP」。グループ解散なら終了か(フジテレビサイトより)

どうも新田です。本日も商談でオリジナル・スマイルを披露したところです。
国民的グループの「解散」ということで、まあ、世間はアレやコレやと想定の範囲内を地で行く大騒ぎなわけですが、お昼を迎えた時点では情報がやや錯綜していました。
 
続きを読む

56
▲大河で“王道”の戦国を描く「真田丸」の命運やいかに!?(公式サイトより)

どうも新田です。NewsPicksで記事がdisられる度にステキな金縛りを受けたような心境です。いよいよ今夜から「真田丸」が始まるわけですが、NHKとしては歴代大河で最低視聴率に終わった「花燃ゆ」からのV字回復を期し、脚本の三谷さんにとっても今ひとつだった「新選組!」からのリベンジ、主演の堺さんもついに掴んだ大河の主役という流れで、失敗できないプレッシャーも例年になく大きそうです。

続きを読む

どうも新田です。長谷川豊氏が書いているように、週刊文春が報じた女性タレントとミュージシャンの不倫疑惑の一件は、企業の広報対応として、それなりに参照できるわけですが、本件が余計に目を引いたのは、LINEという旬のツールが決定的証拠になったこともある種の時代性なり、ニュース性なりを帯びてしまった部分も大きいですね。

まあ、でも、そもそも十数年近く前から電子メールが社会に普及しているし、そもそも紙の恋文だってあるわけで、世が世ならそれらが証拠物件として流出してしまうケーススタディはこれまでもございました。本質的には実は新しいことはないようにも思います。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

国会フリー素材
どうも新田です。これを書きながら、NHKの時論公論スペシャル版を見ていたのですが、日曜討論の司会でおなじみの島田敏男解説委員が、その口ぶりからダブル選挙があることを確信したかのような発言をしていて、「お、おう…そこまで踏み込むね」(汗)と思ったところです。続きを読む

↑このページのトップヘ