新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

2016年07月

どうも新田です。参院選、都知事選とぶっ通しのおかげでプロ野球をヲチできないこの頃なんですが、今年のタイガースの苦悩がいかに根深いものか、改めてこのニュースで痛感した次第でした
 続きを読む

どうも新田です。早稲田の大先輩である大橋巨泉さんが亡くなられたとのニュースを聞いて、学生時代まで巨泉ファンだった私としては、胸に去来するものがありました。 きょうは諸業務で時間がないので、合間にざっと書かせていただきます。
 
続きを読む

どうも新田です。靴下を履かずに仕事をしております。そういうわけで、石田純一さんが出る、出ないとか言っているうちに、都知事選のほうが盛り上がってしまい、石田さんは出馬を見送り。この国として、より肝心の参院選は、振り返りも含め、ますますかすんでおるこの頃です。
 
続きを読む

舛添&二階どうも新田です。ウィキペディアに可燃性の高いツーショット画像がアップされておりました。

奇しくも、私自身が新聞社に入って最初の勤務地が和歌山支局だったわけですが、新人記者定番のサツ回りをやって、ローカルレベルの小悪党どもとはいえ厄介な事件を取り扱うこともそれなりにあり、あんまり良い思い出はございません。そして紀州和歌山が誇る二階俊博さんが、舛添問題が下火になりつつあった矢先、都民の怒りの炎に油を注いでくれました。さすがは経産大臣や運輸大臣を歴任、派閥も率いる大物政治家らしい豪胆さに全和歌山県民からシュプレヒコールを浴びそうです。
 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ