どうも新田です。西日本に1泊2日の強行軍なのに、呑まされてベロンベロンです。しかし知人からのメールで目が覚めました。日経さん、おめでとうございます。これで日本の新聞社で唯一2030年代も生き残り確定ですね(笑)それはギャグとして、マジメな話をすると、日本メディアの欧米名門メディア買収は初めてのことで、それだけで意義深いです。
 

日経、英FTを買収 ピアソンから1600億円で 

日本経済新聞社は23日、英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)を買収することで同社の親会社である英ピアソンと合意した。8億4400万ポンド(約1600億円)で全株式を取得する。メディアブランドとして世界屈指の価値を持つFTを日経グループに組み入れ、グローバル報道の充実とデジタル事業など成長戦略の推進につなげる。(記事のリンク先はこちら
日本の新聞社で朝日、読売、中日は割とお金、資産あるんで、同様な海外買収も起きるかというと、これは課金モデルが成立しやすい経済メディア所以の買収劇なんで追随はすぐにはない気はします。

ただ、日経が一抜けしたことで、長らく新聞社グループの垣根を超えての本格的の再編が無かった日本のメディア業界で、日経と組みたいテレビ局が出てくるかも……なんて野党再編と同じくらい「やるやる詐欺」状態の停滞した日本のメディア業界再編に繋がる起爆剤になってほしいと誇大妄想をした旅先の夜でした。詳しい分析もろもろは帰京してから後日したいです。ではでは。
新田 哲史
ソーシャルアナリスト/企業広報アドバイザー
ツイッター