新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

Category: 書評

情報参謀 (講談社現代新書)
小口 日出彦
講談社
2016-07-20


どうも新田です。都知事選が終わった直後、現代ビジネスの瀬尾傑・前編集長(いまは講談社の第一事業本部長)のお誘いで、本書「情報参謀」を上梓したばかりの小口日出彦さんのメディア関係者向け講演に行ってまいりました。本書では、2009年の野党転落後の自民党が広報戦略立て直しのため藁をもすがる思いで始めた、テレビ・ネットの膨大なデータ分析による情報戦略の当事者として内幕を明かしております。
 
続きを読む

さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ 560)
家入 一真
中央公論新社
2016-08-08

 

どうも新田です。参院選、都知事選と怒涛の日々が終わり、ようやく本を読む時間ができたと思った数日前、偶然か必然か前回、都知事選で私が担ぎだした家入一真という人から、「どうしても読んでほしい」とメッセンジャーで校了ゲラをPDFでそのまま“献本”してきたので、「読みにくいなぁ」と苦笑しつつ、せっかくなので開いてみたら、これが近年の自分の実感とシンクロして面白かったです。
 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも新田です。アゴラでも転載している松田公太さんの近著「愚か者」を読了。松田さんといえば、「日本にタリーズコーヒーを持ってきた人」というイメージが強く、よく知らない人は、起業家として順風満帆だった印象もあるでしょう。私も1年前に取材で面識を得るまでは、そう思っていました。
 
続きを読む

どうも新田です。私も未来の伴侶とは希望の同盟を組みたいこの頃です。ところで安倍総理の米議会演説ですが、企業トップや選挙の候補者の言葉をサポートしている身としては、「侵略」や「おわび」の文言が入るか否か云々よりも、キーワードやフレーズの使い方などスピーチ原稿のクオリティーに目が向いております。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ