山崎豊子さんが逝かれた。
10月最初のブログで、よもやの訃報を書くことになろうとは。しがない三文ブロガーに過ぎない私がこんなことを書くのも畏れ多いですが、私は学生時代から小説家志望で、山崎さんは新聞記者出身の作家として最大の憧れの方でした。ファンの一人として、拙い追悼文を少々書かせていただくことをお許し願いたい。
  
続きを読む