※今回は諸般の事情により「三文小説」でお届けします m(__)m

テレビ画面の向こうで剛腕投手が雄叫びを上げている。電市コンドルズのエース中田真訓が東読ギガンテスの最後の打者を三振に仕留め、球団初の日本一を決めたのだ。今宵、本拠地の宮城を始めとする被災地にどれだけの勇気を与えたことか。角澤次郎は自宅マンションの一室でただ一人、野球が地域社会に与える様々な影響に思いを巡らせていた。
 
続きを読む