新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

Tag:民主党

メディアと自民党 (角川新書)
西田 亮介
KADOKAWA/角川書店
2015-10-24


どうも新田です。“東工大のエグザイル”こと、著者の西田センセとは都知事選でイザコザがあったので(その顛末は切込隊長のブログで)、率直に言って、彼のことは今でもキライです。しかし“悪人”でも“良書”は書ける(笑)。個人的な感情は一度手放し、本書のテーマである自民党のメディア戦略と、メディアと政治を取り巻く問題をちょっくら考えてみましょうか。

続きを読む

どうも新田です。終戦の日の昨日、ツイッターでたまたま民主党のゆるキャラ「民主くん」のアカウントを見かけまして、読売新聞で何かやらかすと予告していたので紙面を見てみたんですよ。それがこちら。続きを読む

どうも新田です。先に言っておきますが、民主党の肩を持つために書いているわけではありません。ていうかそんな気が1ミリも無いどころか、マスコットの民主くんがフジテレビのバボちゃん似なので、思い切りあの顔面にサーブをぶちかましたいんですが。さてと、本題の新国立競技場問題は、石原さんが入湯税ならぬ“入都税”を持ち出して、もうますます延焼、このまま安保法制火災とのマッチングで首相官邸を焼き尽くすんじゃないかと思う中で、今度は迫り来る火の手を民主党方面に切り替えて差し上げようとでも思ったのか、高橋洋一センセが現代ビジネスでこんなことを書いて燃えております。続きを読む

どうも新田です。増毛剤を使ってドーピングに引っかかったハゲの野球選手が懐かしいです。ところで、統一地方選もあすで選挙運動は最終日を迎えるわけですが、数少ない目玉の渋谷区長選レースは意外な展開になっており、某情勢調査によりますと、二軍グラウンドで調整中のまま政界を任意引退かと思われた万年浪人生ヤベっちこと矢部はじめさんが、気が付けばいつの間にか一軍球場入りして快投快打を連発し、猛烈な勢いでレギュラー奪取に向けて加速しているらしいです。今回の区長選を「旧勢力VSプア充VS意識高い系」決戦と評しましたが、プア充勢力の雑草魂に上原投手も口をあんぐりの展開です。 続きを読む

150118民主党
どうも新田です。阪神大震災から20年。心より哀悼の意を表します。
日付が1月18日に変わり、きょうは復興中の民主党の代表選が行われます。ていうかあまりにも盛り上がっていないというか、本当にこの人たちは大丈夫なんだろうか、という、もはや人道支援的な憐みのまなざしで見ているこの頃です。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ