新田哲史のWrite Like Talking

「アゴラ」編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/ソーシャルアナリスト/新田哲史の個人ブログです。 読売新聞記者(社会部、運動部等)、マーケティング会社勤務を経て独立。ノマドとして都心の片隅でひっそりお仕事中。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」に個人商店露出、ネット選挙助言に実績あり。関心が強いのは、政局、選挙、ネットメディア動向、新聞ビジネス、企業広報、スポーツビジネス(特に野球)など。週2、3回更新目標です。時事評論から身辺雑記など“語る”ように軽妙に書きます。プロフィール、お仕事実績などはこちら

Tag:真田丸

松本幸四郎「真田丸」で商人・呂宋助左衛門役!38年ぶり異例の同じ役
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/15/kiji/K20160515012579980.html


すごいビックリしたけど、これは超嬉しいキャスティング。「黄金の日々」は三谷さんがたしか歴代大河で一番好きな作品に挙げていてラブコールしたんでしょうね。もちろん、僕が3歳の時の作品なので見ていませんでしたが、三谷さんがそんなに好きな作品なのか気にはなっていて、8年前にDVD全巻をTSUTAYAで借りて一気見。美術は時代を感じさせますが、とにかく役者さんたちの演技がうますぎで、これは現代の役者さんは叶わないと思います(特に、緒形拳さんの秀吉、鶴田浩二さんの千利休、根津甚八さんの石川五右衛門・・・)。



脚本も、秀吉が城山作品らしく兵糧の計算するセリフとか当時としては斬新で、「ザ・大河ドラマ」を堪能されたい方はおすすめ。個人的には、三谷脚本でのリメイクを見てみたいと思ってます。主演は染五郎さん!?

56
▲大河で“王道”の戦国を描く「真田丸」の命運やいかに!?(公式サイトより)

どうも新田です。NewsPicksで記事がdisられる度にステキな金縛りを受けたような心境です。いよいよ今夜から「真田丸」が始まるわけですが、NHKとしては歴代大河で最低視聴率に終わった「花燃ゆ」からのV字回復を期し、脚本の三谷さんにとっても今ひとつだった「新選組!」からのリベンジ、主演の堺さんもついに掴んだ大河の主役という流れで、失敗できないプレッシャーも例年になく大きそうです。

続きを読む

どうも新田です。小学校2年からほとんどの大河ドラマを観ておりますが、今年の「花燃ゆ」はイマイチ過ぎてすっかり観なくなり、テコ入れがあると聞いて久々にちょっと見てみたら、”なんちゃって大奥”になっていて呆然、視聴率がどこまでどん底になるのか激しく傍観しているこの頃です。それで来年の大河「真田丸」を早く観たいわけなんですが、先日の主要キャスト発表で出てきた情報を観ていて、取りざたされた「国民の大河離れ」も一段落するのではと思った次第です。

続きを読む

都議会セクハラ野次問題の裏では、黒田官兵衛も真っ青な権謀術数が渦巻いているとの情報が与野党のあちこちから漏れてくる今日この頃です。あー、やだやだ。人間の性というのは四百年経ってもあまり進化しませんね。
 
続きを読む

↑このページのトップヘ