※画像はwikipediaより
141118国会
どうも新田です。お客様へのプレゼンで精緻に仕上げたつもりの仮説がダダ滑りしたときほどの虚しさはありません。昨日のGDP速報値が、あまりに悪すぎて解散のドタキャンがあったら、それはそれで面白いなと思うこの頃ですが、熱くなっているのは政治家と選挙関係者、マスコミ、意識高い東大生の青木大和君くらいでしょうか。ごくごく一般ピープルは、予定通りに総選挙に突入したところでシラケ感が加速し、投票率も戦後最低だった2年前の前回選挙を下回るんじゃないかと危惧しております。続きを読む